もふもふセーター

セーターを手入れする方法

セーターは毛玉ができてしまうと、見た目が悪くなってしまいます。
そのため、毛玉を作らないようにする事が長くきれいに着用するコツです。
毛玉を作らない方法としては、摩擦をできるだけ少なくする事が必要です。
そのため、ニット製品を重ねて収納しないようにしましょう。
ニット製品を重ねてしまうと静電気が発生してしまう事に繋がるからです。
そのため、ニット製品を重ね着する事もおすすめできません。
また、収納する際にはハンガーにかけた状態で収納するのではなく、軽く埃を払い、たたんで収納するようにして下さい。
ハンガーにかけたまま収納するとセーターが型崩れする原因になります。
毛玉ができてしまった際にお手入れ方法としては、毛玉が少ないのであればハサミを使って除去する事が可能です。
毛玉の量が多い場合は、専用の機材を使用する方法が効果的です。
また、スポンジを使用して、毛玉を除去する方法も非常に効果的です。
しっかりと手入れをして長く着用できるようにしましょう。

セーターの手入れ方法と注意点

セーターの毛玉ができてしまうと、お気に入りの製品であっても、着用する事が少なくなります。
そのため、毛玉を作らないように着用及び取り扱う事が長く着用するためには非常に重要となります。
セーターは頻繁に洗濯するものではありません。
家庭の洗濯機で洗濯すると、毛玉ができてしまう原因になってしまいます。
そのため、手入れする方法としては毛玉ができないように注意する事が重要です。
毛玉ができないようにするためには、摩擦を可能な限り抑制する事が必要です。
冬は乾燥しているため、静電気が発生しやすく摩擦が発生しやすい季節です。
できるだけ摩擦をなくすために、ニット製品の重ね着をする事は避けましょう。
また、収納の際には脱いだまま放置するのではなく、きれいに折りたたんで収納するように心がけましょう。
できてしまった毛玉を除去する際には、引っ張って除去するのではなく、ハサミ等を使って除去することによって、セーターの痛みを最小限に抑えて除去する事が可能となります。
手入れをきちんと行って長く着用できるように心がけましょう。

注目サイト

大井ふ頭中央海浜公園バーベキュー

2018/12/14 更新